アルバイト看護師でも生活はできる?

アルバイト看護師の求人・時給ってどのくらいなの?

看護師の給料は、他の業種と比較すると高給だといわれています。
それは、正職で働いている看護師だけに当てはまるわけではなく、
派遣やアルバイト、パートとして働いている場合でも同様です。

それだけ、看護師の仕事は給与面で恵まれているといえますが、
ここでは看護師アルバイトの時給について、もう少々詳しく解説して
いくことにします。なお、看護師アルバイトの求人は下記が参考になります。
准看護師の簡単なおまとめ情報ページ

看護師アルバイトの時給は、働く地域だけに限らず、業務内容によっても
違ってきます。とはいえ、平均としては大体時給1500円程度が多いと
いえるでしょう。

他の職種で、時給1500円ともなると、なかなか仕事はありませんので、
やはり看護師の給料は高いといっても過言ではないのです。
ただし、人の命を預かる責任ある仕事ですので、アルバイトとはいえ
軽はずみな気持ちで勤まる仕事ではないといえます。

また、より好条件の求人を探したいということであれば、一般公開されて
いる求人から探すとなると限界があります。なぜなら、人気が高い求人案件
に関しては、一般公開されていないからです。

雇用側が、あらかじめ募集人数に制限を掛けて、優秀な人材を短期間で
集めたいことから、非公開案件で募集されることがほとんどです。
非公開案件は、人材紹介会社などで扱われており、ハローワークなどでは
閲覧することができないようになっています。

ですから、できるだけ条件の良い仕事に就きたいということであれば、
人材紹介会社に無料登録して、仕事を探すことをおすすめします。

それぞれの人材紹介会社に特徴がありますので、利用者数が多く評判が
良いところをいくつかピックアップして、事前登録しておくこと良いかも
しれません。

登録自体は無料ですし、看護師の業界に精通しているコンサルタントが、
あらゆる面でサポートしてくれますので大変便利です。

また、コンサルタントは、普段から様々な病院や医療機関などに出入りして
いることから、働いた場合の職場の環境や評判についても把握していること
がほとんどです。

希望に沿った看護師アルバイトを見つけるためにも、人材紹介会社を上手に
活用してみてはいかがでしょうか。

看護師、クリニックでの仕事について

看護師からの人気が高い職種はいろいろありますが、クリニックもその一つです。

その大きな理由として挙げられるのが残業がないということ。 職場環境が良いところも多いため、クリニックを希望する看護師はたくさんいます。

大きな病院では何十人もの看護師と接していくことになりますが、クリニックでは10人前後が一般的です。そのため、一人一人の看護師と仲良くなりやすいというのもクリニックの魅力だと言えるでしょう。

たくさんの人と接するのが苦手という方もクリニックを選ぶといいかもしれません。 大きな病院だと面倒な派閥争いに巻き込まれてしまうことがありますが、クリニックの場合は1勤務につき看護師は1~2名となっているので、派閥ができることは少ないです。

ただ、人数が少ないからこそ、そこで人間関係の問題が起きてしまうと大変になります。 例え自分自身が人間関係の問題に巻き込まれていなかったとしても、中の悪い同僚がいるとそれだけで職場の雰囲気は悪くなってしまいますよね。

こういったことがないように、面接をする前に転職支援サイトのコンサルタントに職場の雰囲気を確認しておいたほうがいいでしょう。

多くのクリニックではアットホームな雰囲気で楽しく仕事をしていますが、そうではない職場があるということも理解しておく必要があります。 それから、クリニックの院長は少し変わった人が多いという話はご存知でしょうか。

もちろん全てのクリニックがそうだとは言えませんが、院長と気が合わなくてクリニックを辞めてしまったというケースは珍しくありません。 こちらも事前にコンサルタントに話を聞いておきましょう。

夜勤なし、日曜や祝日が休みというのはクリニックの大きな魅力です。 ただ、看護師の収入は夜勤によって高収入となっている部分が多いので、クリニックでは夜勤がない分安くなってしまいます。

ただ、好条件の求人が出るとすぐに希望者が殺到してしまうことが多いので、クリニックへの転職を考えている方は注意しましょう。

看護師、訪問看護の仕事について

訪問看護の仕事は、利用者の自宅を訪問して医療サービスを提供する仕事です。 非常にやりがいがあると感じている人が多いのですが、病院やクリニックでの仕事とは内容が違うため、初めは戸惑ってしまうかもしれません。

慣れてくれば病院やクリニックよりも働きやすいと感じる人が多いようです。 求人数も多いものの離職率も高いので、自分に合った職場を見つけられるように努力しましょう。

病院ではたくさんの患者さんに医療を提供しなければならないため、一人一人の患者さんに対して親身になって接することは難しいですよね。 それに比べ、訪問看護では一件あたり30~90分という長時間訪問をする形になります。

そのため、病院では実現できないような一人一人の患者さんに寄り添った仕事ができるのです。このことに魅力ややりがいを感じて訪問看護の仕事を選んだという人も珍しくありません。

それと、訪問をする時間帯があらかじめ決められているため、突然夜勤を頼まれてしまったというようなことも少ないのが魅力です。 子育てをしながらでも働ける職場として選ばれていることもあります。

残業がないと仕事が楽なのかと考えてしまいがちではありますが、ほとんどの企業では人員に余裕がありません。そのため、一人あたりの業務量が多くなってしまうケースもあるため、いそがしさに耐えかねて辞めてしまう人もいるのです。

人員に余裕があるかどうかというのは転職支援サイトのコンサルタントに確認をすれば調べてもらうことができるでしょう。

訪問看護という職種を希望する際の注意点についてですが、あまりにも経験が浅いと仕事についていけない場合があります。

最低でも3年以上の経験を積んでから訪問看護の仕事を希望しましょう。 ただ、企業によっては人手が足りず、経験の浅い看護師でも積極的に採用しているところもあります。

業務に慣れるまでは先輩看護師が一緒に訪問してくれるので、突然一人で業務を任されてしまうようなことはありません。